Enjoy Photo Life , Produced by Akira Tanisugi
〒041-0806 函館市美原3−58−3 TEL/FAX 0138-46-4554 Mail info@tanisugi.com
営業時間 AM10:00〜PM6:00 毎週 水曜・木曜 定休

g-logo.jpg

「敬老の日」無料撮影会の特設サイトが出来ました。
内容や参加条件などの確認はこちらをご覧下さい。

2010年の敬老の日無料撮影会の模様を報道されました。
(インターネットの環境により、動画が表示されるのにお時間がかかることがございます)

G-OLD ゴールド「敬老の日」無料撮影会について

ご夫婦で参加される方が多く、金婚式やサファイア婚のお祝いをかねて撮影された方もいらっしゃいました。何組ものベテランカップルの、それぞれの夫婦観やライフスタイルが記念写真に反映されたように思います(^^)

40年以上続けているこのキャンペーン、若輩者の私には毎回毎回とても勉強になっております。技術的な面もそうですが、撮影中のお年寄りとの会話の中から、様々な人生観や心模様などを「感じ取る力」を鍛えて頂けているような気がします。今後もますます精進し、お客様の大切な「人生の足跡」をお撮りできるよう尽力いたします。

そもそも「敬老の日」無料撮影キャンペーンは先代(私の実父)が40年以上前に始めたものです。20歳くらいの若さで初代(私の祖父)を亡くした寂しさから、果たせなかった親孝行となかなか示せなかった感謝の気持ちを「写真」で伝えようというのが企画の原点だったそうです。その先代も4年前に亡くなり、私が跡を引き継ぐかたちで今に至っております。映画「おくりびと」のラストシーンで「モックン」が泣きながら父親の亡骸を納棺するシーン、とても心が痛かったです。。。本当に素晴らしい映画でした。どんな人生だって最高にドラマチックです。そんな自分の人生を象徴するような一枚をあなたはお持ちですか?もしお持ちでないのなら、写楽館で「粋な一枚」を残しましょう。写楽館ではキャンペーン期間中に限らず、肖像写真(生前遺影)の撮影を承っております。

昨年撮影させて頂いた「人生のゴールドメダリスト」たちの肖像写真群は本当に素晴らしい笑顔がいっぱいでした。「ポートレイト作品」としてまとめ、「写楽館」のwebギャラリーにて公開中です。ご覧になれば、どんな方でもきっと人生のベテランたちから「生きる元気と勇気」をたくさん分けてもらえることでしょう。写真館で肖像写真を撮ること、、、それは「写真で人生の足跡を残す」ということ。大切な写真撮影は写真発祥の地・函館の「Photo Studio TANISUGI 写楽館」へご用命ください。

写楽館 谷杉アキラ